アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「建築」のブログ記事

みんなの「建築」ブログ

タイトル 日 時
都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅。Jan16,2016
都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅。Jan16,2016 この土曜日はトリプルヘッダーでした。   朝一番で飯田橋へ。   JR飯田橋駅と水道橋駅の間にある 都営地下鉄大江戸線の飯田橋駅。   実物を初めて目の当たりにしました。   渡辺誠氏設計。   2002年の日本建築学会賞を受賞。     私たちの日常の公道範囲に 同氏の設計による 青山製図専門学校一号館があります。   そちらは密集地に建っているので 建物全体を眺めづらいのですが、 飯田橋駅の正面は文京区小石川運動場。   緑のグランドの向こうに ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 20:29
H町会会館 完了検査に合格。Dec14,2015
H町会会館 完了検査に合格。Dec14,2015 指定確認検査機関による完了検査を 受けたH町会会館。   当然ながら、無事に一発合格。   検査の翌々日に 検査済証を受領しました。   私たちにとって 二軒目の町会会館。   15年前に設計を手掛けた 一軒目も「H」町会会館でした。 いつかHPかブログに アップしたいと思います。     中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 09:57
H町会会館 完了検査まで、あと2日。Dec12,2015
H町会会館 完了検査まで、あと2日。Dec12,2015 指定確認検査機関による完了検査を 週明けに受ける予定のH町会会館。   最終確認のため現場へ行きました。                   現場は器具付けの真っ最中。   今日で終わるようなので 週明けは万全の体制で 検査に臨めそうです。       中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 15:46
H町会会館 鉄骨建て方完了時の中間検査。Sep28,2015
H町会会館 鉄骨建て方完了時の中間検査。Sep28,2015 建て方から2週間。 H町会会館の現場は 指定確認検査機関による 中間検査を受けました。   地盤補強工事の説明や その載荷試験の結果から始まり 鉄筋、鉄骨のミルシート、 超音波、外観検査報告書など 書類一式の説明と確認をしました。   基礎配筋や高力ボルトの 施工写真を見せた後、 検査官とともに建物へ。   指摘事項も無く、無事に合格でした。     中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 09:29
H町会会館 基礎スラブの配筋検査。Sep04,2015
H町会会館 基礎スラブの配筋検査。Sep04,2015 午前中、基本計画中の住宅の お打合せの後、 午後、H町会会館の基礎スラブの 配筋検査を行いました。   シンプルなフラットスラブなので 特に問題もありません。 構造設計による検査もOK。     柱脚にアンカーが セットされていました。   来週末に建て方予定です。             中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 22:28
H町会会館 鉄骨製品検査。Sep01,2015
H町会会館 鉄骨製品検査。Sep01,2015 H町会会館の鉄骨製品検査のため M市の工場を訪れました。   構造設計のお二人や 第三者機関の検査官も含め 総勢9人での検査でした。         近頃は木造がメインで たまにRC造です。 思い返してみると・・・、   何と?!   10年ぶりの鉄骨検査でした。   今日の鉄骨工場の皆様は用意周到。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 17:25
H町会会館 置換工法後の載荷試験に立会いました。Aug25,2015
H町会会館 置換工法後の載荷試験に立会いました。Aug25,2015 東京都の地盤の良さは西高東低。   23区でも東側・・・ しかも大きな河川の近くに 建てるH町会会館。   ここでの地盤補強工事の理想は 深〜くて長〜い杭・・・。   しかし予算の関係から 置換工法を採用しました。       果たして置換工法で想定の強度が 確保できているか??? 載荷試験にて確かめます。   今日はその立会いでした。   結果は明日以降の計算待ちながら 本日のデータを見ただけでも 十分な強度が得られているようです。   これで地... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 18:01
久しぶりの世田谷区役所。Jun18,2015
久しぶりの世田谷区役所。Jun18,2015 町づくりに対する意識の高い世田谷区。 いろいろな条例があります。   この日は朝一番で現調の後、 その足で世田谷区の担当部署に 事前ヒアリングに行きました。   久しぶりの世田谷区役所。   あと何回、訪れられるかな?     中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/23 20:10
H町会会館 建築確認申請の差換え。Jun04,2015
H町会会館 建築確認申請の差換え。Jun04,2015 午前中から、出ずっぱりの1日。   まず構造事務所に立寄り、 図面の受取りと 簡単な打合せ。   それから、H町会会館の 確認申請の差替え。   その後、Tドームを徒歩で通り抜け 丸ノ内線で豊島区の集合住宅の現場へ。     中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/10 10:00
H町会会館 建築確認申請の仮受け。May29,2015
H町会会館 建築確認申請の仮受け。May29,2015 改正建築基準法の施行目前に H町会会館の建築確認申請を提出。   もっと早く提出するつもりで 書類の入力を済ませていたので 訂正時に新書式に差替え なければなりません。     中辻正明・都市建築研究室 http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/03 23:31
H町会会館 地区計画の届出。May20,2015
H町会会館の地区計画の届出を 中央区に提出しました。   先週も事前ヒアリングと 事前相談のため 二度、中央区を訪問し 必要書類や図面を提出しました。   昨年の9月に最初のヒアリングに 行ってるので、ここまで9ヶ月。    確認申請を提出すれば 着工まで、もう一息です。     昨年9月のエントリー http://m3-naka.at.webry.info/201409/article_2.html     中辻正明・都市建築研究室 http://www... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 17:28
○城・バス停前の家+IRONHOUSE。Oct12,2014
○城・バス停前の家+IRONHOUSE。Oct12,2014 完成から30年以上が 経過しているのに キレイなコンクリート打放しの 「○城・バス停前の家」。   打合せ場所への道順を 少し遠回りして一瞬だけ鑑賞。   それだけで気分が すごくリフレッシュされました。   角を曲がって少し歩くと 「IRONHOUSE」。   さらに目の保養ができました。   ともに個人住宅なので さっと通り過ぎる際に パチリと撮るだけ・・・。   最寄り駅が随分と 変わっているのにビックリ。   もう何年ぶりなんだろう・・・ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 23:18
中央区役所にて事前ヒアリング。Sep02,2014
中央区役所にて事前ヒアリング。Sep02,2014 昨日の雨模様から一転、 晴天の午前中に中央区役所へ。   東京メトロ日比谷線で 恵比寿駅から築地駅まで行きました。   このルートだと中央区役所の地下(?)に 併設された中央区立京橋図書館への サンクンガーデンへ(?)と続く 門柱(?)のゲートが出迎えてくれます。   図書館、庁舎とも設計は佐藤武夫氏。   同氏は佐藤総合計画の創設者。   完成は1969(?)年ですから 半世紀近く前の建物です。    シックなタイルの外観は 完成当時のままでしょうか(?)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/02 16:37
文京スポーツセンター。Aug20,2014
文京スポーツセンター。Aug20,2014 教育の森・公園に隣接する 文京スポーツセンター。   設計は大谷幸夫氏。   1986年完成ですから 約30年も前の建物です。   内外のコンクリート打放しも とても奇麗な状態です。 愛されて大切に使われている 印象を受けました。   上の写真はメインのエントランス。   内部に入ると2層の高さの エントランスホールが気持ち良い。   大階段を通して地下も見通せる 開放的な大空間になっています。   何となく休んで涼んでいるような 人たちもチラホラ見掛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/22 13:31
日本の建築ディテール1964→2014『原寸大』展へ行きました。Jun05,2014
日本の建築ディテール1964→2014『原寸大』展へ行きました。Jun05,2014 渋谷ヒカリエ8階で開催中の 彰国社ディテール創刊50周年記念 日本の建築ディテール1964→2014 『原寸大』展へ行きました。   10の名建築の特徴的な ディテール(部分詳細)図が 原寸に引き伸ばして 展示されています。   東京カテドラル聖マリア大聖堂 (1964)丹下健三氏のスカイライト。   プランタン戎橋店(1965) 村野藤吾氏の階段と手摺。   パレスサイド・ビルでィング(1966) 日建設計のアルミルーバーと竪樋。   SPIRAL(198... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 00:17
広尾の住宅。Jun03,2014
広尾の住宅。Jun03,2014 6月2日から二泊三日で 赤ちゃんが手術で日赤に入院。 パートナーも付添い入院です。   手術待ちの間、 日赤のラウンジから 何気なく外を見ると 広尾の街並の中に ヴォールト屋根を発見。   建築家の早川邦彦氏が 設計した広尾の住宅だと思います。   早川邦彦建築研究室に 私が勤務する前の 住宅なので写真でしか 見たことがありませんが 好きな住宅のひとつでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/09 11:22
NWハウス。Dec26,2013
NWハウス。Dec26,2013 (昨年末に)相談を受けた 新宿区の土地の現調の帰途、 W大学近くまで足をのばしました。   独立前に勤めていた 早川邦彦建築研究室が 一時期、この辺りにありました。 なんとなく懐かしくなり 寒い中、ふた駅以上も歩きました。   見たかったのは「NWハウス」。   RC打放しのペンシルビルに 複雑な形状の屋根が載っています。   「近未来都市において  人の生活は地上ではなく  空中で展開されていくであろう  浮遊する都市のメタファー」 と私なりに解釈していま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/14 23:38
国立劇場 校倉造風の外観 庇の見上げ。Oct06,2013
国立劇場 校倉造風の外観 庇の見上げ。Oct06,2013 仕事関連の土地の現調の帰り せっかくなので周辺を散策。   国立劇場を裏から表へ通り抜けました。   長大な建物正面よりも 最高裁判所と隣接する通路部分の方が 見応えあります。 そこでは校倉造風の陰影や折重なる庇が 日本らしさを醸し出しています。   あと数年で完成から半世紀を迎える建物。 やっぱり良いものはいつまでも色褪せません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/15 10:19
Iビル指名設計コンペ案を提出。Nov25,2012
Iビル指名設計コンペ案を提出。Nov25,2012 4社指名の設計コンペに参加。 都内の大通りに面した 店舗、診療所、賃貸事務所、 そして防音室のある個人住宅の 複合ビルでした。   構造的な耐震性はもちろん重要です。 それと並んで建物の継続使用のために 設備システムの耐震性向上も不可欠です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/18 20:53
建築写真家 小川重雄氏の写真展 in 東京大学伊藤国際学術センター。Dec08,2012
建築写真家 小川重雄氏の写真展 in 東京大学伊藤国際学術センター。Dec08,2012 前回エントリーの大和K邸訪問後、 そのまま電車を乗り継いで 丸ノ内線本郷三丁目駅へ。   15時ごろに東大の赤門に到着。 冬の陽射しに照らし出された 鮮やかなベンガラ色が印象的でした。             建築写真家 小川重雄氏の写真展 「パースペクティブ・アーキテクチュア 小川重雄写真展」が 東京大学伊藤国際学術センター B1ギャラリー2で開催されていました。   開催期間の最終日ギリギリでした。             昨年9月に北海... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/12 13:42
東京都庁第二本庁舎で運転免許証の更新。Sep03,2012
東京都庁第二本庁舎で運転免許証の更新。Sep03,2012 運転免許証の更新に 東京都庁第二本庁舎へ 行きました。   ゴールドなので30分の 受講だけで更新完了。 申込みからの所用時間は 1時間ぐらいでした。   東京都庁舎は完成から もう12年が経過しています。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/12 22:34
「比叡山回転展望閣改めガーデンミュージアム比叡 展望塔」昭和の現代建築。
「比叡山回転展望閣改めガーデンミュージアム比叡 展望塔」昭和の現代建築。 比叡山頂付近に 印象派の絵画と庭園を題材にした ガーデンミュージアム比叡があります。   ここの展望塔は昭和34(1959)年完成。 設計は村野藤吾氏。 当時は比叡山頂遊園の回転展望閣と 呼ばれていました。 名前の通り最上階が回っていたそうです。 「長年の使用のため  最上階の回転床は止めています」 展望塔の上り口に書かれていました。   上に行くほど大きくなる外観は まるで巨大なキノコが生えているよう。 それが咲き誇る綺麗な花々と 見事にマッチしています。 力... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 23:14
「松戸市民会館」昭和の現代建築。
「松戸市民会館」昭和の現代建築。 昨日、所用で訪れた松戸駅周辺で 通りがかりに見かけた 松戸市民会館(1963)。 ホールや会議室などがあるようです。 もうすぐ完成から半世紀。 ネットで調べてみても 設計者が見つかりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/01 13:53
久しぶりの店舗デザイン その2。
久しぶりの店舗デザイン その2。 (前回エントリーの続き) 「デザイナーなのでニーズや  流行りをしっかり調査したうえで  デザインの方向性を決定」 するそうです。 アーティストのような表現が 出来ないのではなく 「自分はしません」宣言でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/20 23:42
久しぶりの店舗デザイン その1。
久しぶりの店舗デザイン その1。 年の瀬の足音が 聞こえ出した12月最初の週末、 久しぶりに店舗をデザインしました。   このブログのタイトルにしている 「住宅のお仕事」と全く異なります。 そう言えば・・・ 商業デザインを多く手掛ける人が 「アーティストでなくデザイナー」 と自称していました(続く)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/20 23:05
恵比寿界隈の育児その49。代官山T-SITE。
恵比寿界隈の育児その49。代官山T-SITE。 久しぶりにランチを外で食べたので 足をのばして 昨日、蔦屋書店がオープンしたばかりの 代官山T-SITEに行ってみました。   あまり時間がなかったので 外回りをぶらっと一周しただけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 21:17
建築写真家 小川重雄氏 写真展の会場写真に甦る「もうひとつのパースペクティブ」。
建築写真家 小川重雄氏 写真展の会場写真に甦る「もうひとつのパースペクティブ」。   先月半ばにエントリーした建築写真家の小川重雄氏の写真展 「パースペクティブ・アーキテクチュア」は 大盛況のうちに無事終了したそうです。   小川重雄氏から見せていただいた会場写真が・・・ お〜っスゴい構図になっているゾと思ったので ご本人の了解のもとブログにアップさせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/05 22:50
「パースペクティブ・アーキテクチュア 小川重雄写真展」が開催されます。
「パースペクティブ・アーキテクチュア 小川重雄写真展」が開催されます。 建築写真家の小川重雄氏の写真展 「パースペクティブ・アーキテクチュア」が 北海道岩見沢市のJR岩見沢複合駅舎内の 有明交流プラザ市民ギャラリーにて 2011年9月17日〜24日まで開催されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 21:05
恵比寿界隈の育児その42。雨の日の表参道ヒルズ。
恵比寿界隈の育児その42。雨の日の表参道ヒルズ。 例年より早い梅雨入りと台風が 重なった週末。 雨の日も子供が動き回れる 建物ということで 表参道ヒルズに行きました。 中央のパースが効いた大階段と 周囲の傾斜路を ジュニアは楽しそうに 行ったり来たり。 私は初めて行きました。 もっと大空間なのかと思っていたら コンパクトなスケールが とても好印象でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/30 17:33
「厚さ3cmの鉄板に違和感・・・。」の訂正。
初期のテレビの報道で鉄板の厚さ3cmと言っていましたが さすがにそんなに薄くないようです。 ネットでは15cmの鉄板だから大丈夫とのこと。 どちらが正しいのでしょう? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/18 12:54
海水の散布と地上からの放水・・・そして廃炉。
早い時点でネットには東電は福島原発を廃炉にするしかないと書込みがありました。 その踏ん切りがなかなかつかなったのではないかと推測されます。 現時点でも輪番停電を実施しているのに 多くの電力を必要とする本格的な復興時期に 十分な電力を供給できるのか?・・・東電幹部さんたちには 当然ながら現在の対処とともに、今後の先読みも求められます。 (一説には原発を稼働する際に停止した火力発電がいくつもあるので  大丈夫だろうと言われているようです) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/17 11:35
厚さ3cmの鉄板に違和感・・・。
原発の報道で「厚さ3cmの鉄板だから大丈夫」というのを聞いて 設計者の多くは、大丈夫か〜?と思ったのではないでしょうか。 それは原子炉格納容器の耐震設計上の強度がOKということでは・・・。 炉内の爆発をどう想定しているのでしょう? 耐震と爆発・・・次元の異なる問題のように感じましたが テレビで専門家が解説してくれることを待ちます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/16 10:18
建築家賠償責任保険=通称ケンバイの更新時期です。
この時期、とても大切な更新があります。 建築家賠償責任保険=通称ケンバイ。 もう10年近く加入していますが これまで保険の適用を受けたことは   皆無。0(ゼロ)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/10 22:17
映画「未来世紀ブラジル」の舞台となったアブラクサス/ヨーロッパ建築探訪。
映画「未来世紀ブラジル」の舞台となったアブラクサス/ヨーロッパ建築探訪。 最近、斜め読みした 建築情報誌に 「若い頃はフォルマリズムに  弱い(惹かれる)」云々と 書かれていた・・・。 私たちの若かりし頃と言えば バブル&ポスト・モダンの時代。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/09 23:17
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館3/ヨーロッパ建築探訪。
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館3/ヨーロッパ建築探訪。 スカルパはイタリアより 日本における評価の方が 高いという声も聞かれます。 真偽のほどは判りませんが カステルヴェッキオ美術館は とてもたくさんの来館者でした。 写真には全く人が写っていません。 それは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 00:57
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館2/ヨーロッパ建築探訪。
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館2/ヨーロッパ建築探訪。 イタリア語のレスタウロrestauroは 日本語で言う改修と補修の 中間地点に+αをする創作と 言っても良いかもしれません。 レスタウロ=修復再生とも訳されます。 この再生という言葉の部分が 創作へとつながると思います。 (創造的な活用と言うようです) 古い部分に最大の敬意を払いつつ 新しい要素を組込んでいく。 それはとても熟慮と勇気が必要と される行為です。 なぜなら最大の敬意をもって 以前の状態の維持復元を図るのが 通常の感覚だからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 00:45
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館1/ヨーロッパ建築探訪。
花の都ヴェローナのカステルヴェッキオ美術館1/ヨーロッパ建築探訪。 パドヴァからほど近いヴェローナ。 花の都ヴェローナ市の 中世の町並みはまるまる 世界遺産に指定されています。 そしてロミオとジュリエットの舞台。 それより当時の重大な関心事は・・・ カステルヴェッキオ美術館でした。 カルロ・スカルパが手掛けた中でも 最大の改修建築。 学生時代、どうにも計画系、意匠系の 先進性や気鋭っぽさに馴染めず (今も馴染めていませんが・・・) 建築史の研究室に所属していました。 果たして歴史研から建築設計に 進めるのか???と自問自答する日々。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/04 00:20
サンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂/ヨーロッパ建築探訪。
サンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂/ヨーロッパ建築探訪。 「イル・サント」(il Santo) と呼ばれる サンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂 Basilica di Sant'Antonio da Padova。 il Santo=聖者ですから 私たちの「観音さま」と同じような感覚で 地元の人々に親しまれているようです。 ビサンティン様式のドームの上の イスラムっぽい鐘楼が載っています。 その不思議な姿を 宿泊していたホテルの窓から スケッチしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/03 13:25
ポルティコが連なる街パドヴァ/ヨーロッパ建築探訪。
ポルティコが連なる街パドヴァ/ヨーロッパ建築探訪。 ベネチア近くの街パドヴァ。 商業と学問の街です。 一時は衰退したそうですが 現代ではイタリアでも 有数?の活気ある都市のひとつです。 中世の街並みが色濃く残り 大きな広場と小さな街路が対照的です。 街路にはポルティコと呼ばれる 柱廊があり生活や経済活動と 密着しているように感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/02 12:00
世界一美しいカンポ広場のある丘陵都市シエナ/ヨーロッパ建築探訪。
世界一美しいカンポ広場のある丘陵都市シエナ/ヨーロッパ建築探訪。 中世の町並みが 色濃く残る 丘陵都市シエナ。 石畳のアップダウンを 歩き回っていると ぽっかりと開けた 扇形のカンポ広場に出ます。 フィレンツェからの移動で シエナに到着したのは もう夕方でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/24 10:30
昨日と同じくバブル期の建築をひとつ。
昨日と同じくバブル期の建築をひとつ。 昨日エントリーと 同じくバブル期の建築を 上野動物園に行く途中に 見掛けます。 恩賜上野公園の中にある 上野動物園前派出所。 この派出所も完成から 20年近く経過していますが 遠目には綺麗なままです。 デザインや納まりが よく考え込まれているのは もちろんのこと・・・ 良い材料を採用していることや 四隅の大きな金属の支柱が 庇というか 第二の屋根みたいに なっているからでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/17 00:40
設計事務所時代に担当した建築を見に行きました。
設計事務所時代に担当した建築を見に行きました。 新宿にて ショールーム巡りの途中で パートナーが20代の 若かりし頃に 担当した商業ビルを 見に行きました。 当時はちょうどバブルの まっただ中。 パートナーは商業系や 公共建築や住宅などの 設計に携わっていました。 新卒の女性が いきなり担当できる時代・・・、 現在の社会情勢からすると 恵まれていました。 知識も経験もなく 工事現場に送り込まれる わけですから それなりの修羅場に 出くわすこともあったでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 00:28
恵比寿界隈の育児その39。初詣・・・日本の色、お正月の空間。
恵比寿界隈の育児その39。初詣・・・日本の色、お正月の空間。 年明けはやっぱり初詣。 (今更のエントリーです・・・) 実家の近くのお寺に詣りました。 西国三十三箇所の札所の ひとつである古刹ですが 阪神大震災後に部分的に 増改築が施されたようです。 朱塗りと漆喰(風かも?)が とても鮮やか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/14 00:13
これ何?空飛ぶ泥船って?
これ何?空飛ぶ泥船って? 茅野市民会館に2年ぶりに 立寄りました。 エントランスの横に 何やら怪しげな物体が 空中に・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 19:53
同じ屋根が広がるフィレンツェ/ヨーロッパ建築探訪。
同じ屋根が広がるフィレンツェ/ヨーロッパ建築探訪。 雑誌の原稿用の図版に 20年前のヨーロッパ建築探訪の スライドを引っ張り出しました。 そう、当時はもちろんデジカメは なかったので一眼レフでした。 写真も1枚ずつマウントして 保管しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 17:50
恵比寿界隈の育児その33 横浜みなとみらい駅。ド〜ンと吹抜け!
恵比寿界隈の育児その33 横浜みなとみらい駅。ド〜ンと吹抜け! 港北区T邸の取材の帰途、 ちょっと寄り道をしてから 横浜のみなとみらい駅から 東横線で帰ることにしました。 クイーンズスクエア横浜で ようやく東横線への エレベーターに乗り込むと 「これこれ!」とパートナー。 「お〜すごい吹抜け!」 地下3階?の東横線のホームまで 5〜6階分、ド〜ンと吹抜け。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 17:07
建物のメンテナンス。
大雨の日も、台風の強風でも、地震が起きても・・・ 建物はじっと黙って建ち尽しています。 何年も経つと、やっぱりどこかしらが痛んできます。 人の健康と同じく、 早いうちに処理すれば大事にならないことが多々あります。 逆に放置すると、後々、たいへんになることも・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 00:53
恵比寿界隈の育児その28。大鉄道博2010 in グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間。
恵比寿界隈の育児その28。大鉄道博2010 in グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間。 大鉄道博2010が グランドプリンスホテル新高輪の 飛天の間で8/5〜8/31まで 開催されています。 ジュニアも私は鉄道より動物...、 えっ場所が飛天の間! 飛天の間は10年以上も前に 両親とともに某有名演歌歌手の ディナーショーに行ったきりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 17:27
もはや日常の風景? 東京スカイツリー。
もはや日常の風景? 東京スカイツリー。 住宅相談の土地を見た後、 その周辺をぶらぶらします。 ふと交差点から ニョキっと高い塔が見えました。 まわりの人たちは誰も 気に掛けていなかったので もはや日常の風景なのでしょうか? 東京スカイツリー。 高速や飛行機からも見えました。 地上レベルから見ると 大きさ高さの想像がつきません。 やっぱり足元から見上げに 一度は訪れるかも...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 12:06
博物館法では博物館も美術館も動物園も博物館。
「大哺乳類展 陸のなかまたち」に展示されている標本は写真撮影OK。 撮影が禁止されているのは今は亡き写真家 星野道夫氏の写真などでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/29 17:56
ロンドン その6。ロンドン自然史博物館。
ロンドン見物ができるのも この日が最終日。 ホテルから近い ケンジントン・ガーデンズの ピーターパンの像と、 シャーロック・ホームズ関連の エリアに行きたいという パートナーの提案を却下。 私とジュニアの希望を優先して ロンドン自然史博物館へ。 敷地内には特設リンクがあり、 スケートに興じる人々、子供たち。 やっぱりイギリスは緯度が高い。 入場待ちの列ができています。 そう、土曜日でした。 家族連れがたくさん。 入場してすぐの中央ホールの 恐竜ディプロドクスの骨... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/29 22:46
ロンドン その5の2。テート・モダン。
ロンドン・アイから バスで少し移動したところに テート・モダンがあります。 元々は発電所だった建物を 改造した近代現代美術館です。 設計はスイスの ヘルツォーク&ド・ムーロン。 全世界の建築界が注目する 当世一の建築家と言っても 過言ではないと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/28 20:46
ロンドン その5の1。ロンドン・アイ。
ロンドン見学も 4日目となると 地下鉄やバスに慣れてきました。 午前中からバスを 乗り換え、乗り換え、 ロンドン・アイへ。 直径135mは 1999年末の完成当時、 世界最大の観覧車でした。 (現在の世界一は  シンガポールの150m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 21:45
ロンドン その4。パーム・ハウス in キューガーデン。
この冬、大寒波のロンドン。 その到来前だったこともあり、 滞在した1週間は 天候に恵まれました。 それでも1日だけ寒かった〜。 それがキューガーデンを 訪れた日。 ここには19世紀半ばに 建てられたパーム・ハウスが あります。 完成から160年以上。 当時の日本は江戸時代。 倒幕の20年以上も前です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/25 23:45
ロンドン その3の2。大英博物館。
大英博物館の大きな目玉、 ロゼッタストーンは グレート・コートの左すぐ脇に 展示されています。 すごい人だかり...。 いつまで待っても空きません。 最前列で座ってスケッチを している子供たちが居ました。 みんな目がキラキラしてます。 こういうシーンを日本の博物館で お目にかかることはないですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 23:45
ロンドン その3の1。大英博物館。
イギリスは博物館や美術館が 無料です(公立と王立だけ?)。 嬉し〜(かった)。 これは是非とも日本も 見習って欲しい! どうなの新政権さん...。 昼休みにブラッという感じの人も 結構、居たように思います。 私たちも出口まで行ったら 雨が降っていたので、 もう少し居ようかと2回ほど 再入場しました。 どれだけ人が来ても ギューギューにならないぐらい 広〜〜〜いです。 特にグレート・コートが 最高に気持ちよい!!! 写真で見るのとは全然違います。 まあ簡単に言え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/22 23:11
ロンドン その2。ロンドン動物園。
TubeまたはUndergroundと呼ばれるロンドンの地下鉄に乗ってみた。 1週間パスを買ったので乗り放題。 QueenswayからTotenhamCourtRoadで乗り換え、 CamdenTownで下車。 駅から動物園まで意外と距離があるので、帰途はバスを利用しました。 バス停は最寄りにたくさんあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/21 23:55
ロンドン その1。成田〜ヒースロー空港。
1ヶ月半ほど前になるのですが、 11月末から12月にかけて、 7泊8日で渡英しました。 行き先は...、 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 23:42
そして...、初アンドー...。
初日の出、初富士...、 そして...初アンドー...。 2010年建築巡りは 世界のアンドーから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 00:36
ブエノスアイレスのMARQ.の建築展に資料を提供。
アルゼンチンのブエノスアイレスにある MARQ. にて (MUSEO DE ARQUITECTURA Y DESENO) Antipodas: arquitectura japonesa desde miradas argentinas という展覧会が開催されました。 会期は2009年9月14〜19日。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 19:52
東京以外のお仕事。
東京の設計事務所に在職中、下関市のコンペ に参加しました。コンペ担当→当選→設計も 担当して、そのまま現場担当として1年常駐。 その後も東京には戻らず下関市で設計事務所 を旗揚げしました。数年後には東京と山口を 往復するようになり、東京に完全にシフトす るまでの7年余りを下関で暮らしました。 海の幸は美味しく、関門海峡や響灘、そして 雄大な九州を眼前に望めます。 見晴らし、サイコー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/04 23:36

トップへ | みんなの「建築」ブログ

住宅のお仕事&子育てin恵比寿 建築のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる